神の魚ゴールデンマハシールを求めて

Himalayan Fishing Tours

 

 

完全にやりきった。その瞬間全ての力が抜け、冷たい河の中にへたり込んだ。

キラキラと輝く鱗を眺めながら恍惚となっていた。

静かに横たわるその魚体にしばらく言葉が出ない。

美しい。美しすぎる。こんな綺麗な魚がこの世に存在するのか。

 

ブログ しげるの世界旅行釣行記「ネパール釣行記」より

 

 

ヒマラヤ水系にしか生息しない、アングラーたちの憧れの魚であるゴールデンマハシール、マシール(Golden Mahseer)を貴方もヒマラヤの雄大な自然の中で狙ってみませんか? 

マハシール釣りツアーの最新釣果報告はこちら

 

皆さんはゴールデンマハシール、マシール(Golden Mahseer)もしくは地元では神の魚、神魚サハール(Sahar)と呼ばれる魚をご存じでしょうか?多くのアングラーの憧れの魚といえば、キングサーモンやバラマンディ、パプアンバス、タイメンなどが挙げられると思います。ヒマラヤ水系(インド、ネパール、パキスタンなど)のみに生息するマハシールは日本ではあまり耳にすることはありません。しかし、ヨーロッパでは古くからルアー、フライフィッシングの対象としてアングラーたちの憧れの的でした。それは今でも変わりません。インドのイギリス植民地、また直轄領時代に多くの英国のフィッシャーマンたちはこのマハシール(マシールとも書かれる。)に魅了されました。彼らは、マハシールについてこう書いています。

 

マハシール、このような魚を見る幸運に恵まれた者の心に何度も湧きあがり、思い起こさせる名が他にあろうか。

Skene Dhu著 巨大なマシール、1923)

 

私、また私が出会った人々の意見では、マシールは、同サイズのサーモンよりもスポーツ性があると言える。

 

ヘンリー サリバン トーマス 「ロッド イン インディア」1897

 

マハシールと初めて対峙したアングラーは、そのことを一生忘れない。ロッドは強烈にねじ伏せられ、リールのラチェットは、ラインが無くなるまで悲鳴を上げる。電撃的な刺激である。わずかな淡水魚のみが、このようなスピード、長いファイト、ストライクにより、アングラーの心に落胆と歓びを与えることができるのである。

ロバート ホウィット 「図解スポーツ」

 

大きさで言ってもゴールデンマハシールは淡水魚の中で最も巨大なゲームフィッシュと言っても過言ではありません。なんと体長280センチ、55キロという記録があります。

この写真の魚は、はく製にされインドの博物館に展示されています。これほどの怪物は今となっては非常に珍しくなっていますが、いないとも言い切れません。この魚の特徴として挙げられるのは、4本の口ひげを蓄えていること、ヒマラヤ水系にしか生息していないこと、ウロコがアロワナのように大きいこと、美しい黄金の体色をしていることなどです。渓流と言えるようなところにまで遡上するこの魚のパワーはすさまじく、掛かったら急流を一気に100m近く突っ走ります。

この魚の特性としてMigration(遡河)が挙げられます。ゴールデンマハシールが移動する理由にはいくつかありますが、その理由の一つにスポーニングが挙げられます。彼らは下流で冬を越し、春のモンスーンの始まりを合図に川を遡っていきます。そして産卵を終えるとまた川を下って行くのです。そして興味深いことに、下流域にいる間は、藻などを食べ、魚を追う事はないのですが(つまりルアーでは釣りにくくなる)、川を遡っていくにつれて食性が変化し魚や虫を追うようになるのです。このようにマシールが常に移動していること、また食性の変化があるということが、この魚を求めるアングラーたちに制約を与えていると言えます。つまりどこに魚がいるのか、また何を食べているのかを知ることが重要なのです。


釣り方に関しては、この魚の食性のゆえに実にさまざまな方法を駆使することができます。ルアー、フライ、吸い込み、カエルなどを用いたフカセ釣りなどです。餌釣り用の竿を仕掛けておき、ルアーでポイントを狙うという事も可能なのです。皆さんの得意な方法で狙っていただくことができます。

 


では、なぜ ヒマラヤン フィッシング ツアーズが、皆さんのベストチョイスであるのか?その点をご説明させていただきます。

 

@    ガイドの必要性 

マハシールの潜むジャングルの奥深くには、野生のトラ、豹、ゾウ、サイ、大蛇などがいます。特に、野生のゾウ、サイは危険です。また、川にはワニも潜んでいます。これら野生動物の攻撃や、道に迷う可能性を考えジャングルに精通したガイドがどうしても必要です。また場所によってはガイドなしでは釣りが許可されない区域もあります。私達のツアーでは、現地の地理や野生動物に通じた経験あるガイドが皆さんの旅をサポートいたします。

A    言語の問題  

英語を話す欧米の人たちでさえ大型の魚がヒットしたにもかかわらず、ガイドに手助けを求めても理解されずにボートの誘導などがうまくいかずに取り逃がしたという経験を耳にします。私どもガイドはネパールの大学のネパール語講座で学び、この国で在住してきた経験、言語力を生かし、地元のガイドや漁師、ホテルのスタッフなどとも円滑にコミュニケーションを行い、皆さんのご希望にお応えすることができます。地元の人々との交流が旅をいっそう楽しいものとします。同時通訳によって現地の人々の温かい心に触れていただくことができます。言葉が通じないのでは?という不安は一切無用です。

B国民性   

こちらの人々はおおらかで友好的であることは非常に評価できる点です。しかし、組織立って物事を行う、次のステップを考えて準備するというのは苦手です。例えば時間の管理です。私自身が経験したことですが、ラフティングツアーを組んでもらいましたが、彼らは、水量が少ないことなどを考えず計画し、ゴールに着くはるか手前で日が暮れてしまい、日没後は危険なために中に入ることも禁止されているジャングルの中を懐中電灯の明かりだけで4時間も漕ぎ進むという非常に怖い思いをしました。獰猛な野生のゾウやサイが沢山いる場所で鉢合わせしていたら逃げ場もありません。このようなことは普通にあり、彼らとしては大した問題ではないのですが(実際謝ることも一切しない)、旅行者にとっては大問題であり、旅をストレスの多いものとしてしまうのです。やはり、危険は最小限にとどめなければなりません。私達は、旅の計画から実行にいたるまで細かに皆さんの安全と快適な旅をサポートいたします。

C政情と気候の変動

ネパールの政情によりツアー中に予期しない問題が生じることがあります。その中には、ストライキや交通封鎖があります。ネパールでは、1年間に平均2カ月間このストライキや交通封鎖が行われています。今までのツアー中にもこうした問題が生じたことがございます。しかし、私どもの人脈を駆使し、地元の有力者からの情報を得、また特別な通行のための許可証を作成し、安全に移動することが可能となります。また、ヒマラヤの変わりやすい天候のため国内線がキャンセルになることがございます。その場合にも即座に代わりの移動手段を用い、お客様の帰国の便に間に合うように移動することができます。

D食の安全  

こちらの衛生基準が悪いために、旅の途中でおなかを壊すことはよくあることです。そのために釣りに行けず、ベッドとトイレを往復するようになってしまうとしたら、非常に残念です。現地の人が勧めてくれたとしても安全かどうかを確かめる必要があります。私たちは信頼できるホテル、レストランのみを利用します。また皆さんの健康にも気を配り、旅程を調整いたします。

E秘密のポイント  

ネパールの東か西、北から南まで、様々な川の秘密のポイントにご案内いたします。また、私達の情報網を駆使し、現在の水量、水質、釣果の情報を収集し、皆様にとって最適な旅の時期をご案内いたします。私達が前もって河川管理局などと交渉しますので、現地に来てからパーミットなどを取る必要もなくスムーズに釣行に入れます。これまでのお客様からもここまで多くの時間釣りに費やせるツアーは、なかなかないと高い評価を頂いております。私達の目標は皆さんにマハシールを釣っていただくことです。そして素晴らしい自然に感動していただきたいのです。

F儲け主義のストレス

私は日本の大手旅行会社のツアーで中国に旅行に行きましたが、ガイドは皆現地人でした。彼らは私達にことあるごとに物を売ろうとし、小汚い土産物屋、絨毯工場、お茶工場に連れて行きました。これには閉口しました。そして旅の楽しみも半減しました。それはネパールでも同様です。ゆっくり観光しに来たのに、曼荼羅のアトリエに連れて行かれ各工程を見せ最後には売ろうとするという事が何度もありうんざりします。私達はそのように地元の土産物屋と手を組むことはせず、皆様が欲しい、買いたいとおっしゃる場合にのみ、お店を探し、現地価格で購入していただけるよう努力いたします。お客様の購入されたい物は実に様々です。Tシャツ、お茶、アンモナイトの化石、魚の図鑑、インスタントラーメンなどを買いたいと希望され、私達ガイドと共に買い物を楽しんでいただけました。私達は、お客様の満足を第一に優先いたします。

G完全なオーダーメード旅行  

最少催行人数などはなくお一人様からご旅行できます。また決められた旅程表もありません。ご希望に応じて、釣りだけでなく、野生のトラが見たい、ラフティングがしたい、小魚を採集したい、湖のほとりでヒマラヤを見ながらゆっくりしたい、移動は飛行機ではなくバイクでしたい、タイムスリップしたような古い町を観光したい、ビートルズの泊まったゲストハウスに泊まりたい・・・など皆様の思うままに旅程を組み立てることができます。しかしあくまでも私達の専門は釣りです。私達は自分で見て、実際に泊まって、食べて、釣って納得したところしかご案内いたしません。そこが違います。

H日本のフィッシング、キャンピングエクイップメント  

現地には、魚の取り込み、または魚を生きたままストックしておく道具が無く困ることがあります。私達は日本からの様々なエクイップメントによって皆さんの釣行をより確実なものにいたします。マハシールは泳ぐ力が並はずれています。マハシールをウグイと比較する方がおられますが全く桁違いです。急流で走られ、岩で糸を切られることもあります。そうした状況に対応するために、日本から導入した二人乗りのカヌーで魚を追うことによりランディングの可能性を高めることができます。現地で借りることのできるテントは防水能力が無く、チャックがきちんと閉まらないなど多くの問題がございます。長いキャンプ生活の中で快眠できないために釣りに集中できないとしたらそれは大変残念なことです。

I情報の氾濫、また誇大広告のなかで私達は現状をそのままお伝えします。

一昔前までは海外釣行の情報は少なく、海外の釣り雑誌などを購入して情報を得ていたものでしたが、インターネットの普及により状況は大きく変わりました。情報がほとんどない状態から、情報の氾濫になったのです。その場所で実際に釣れるのか、もしくは5年前には釣れていたのか、情報を選択する必要が生じています。また、誇大広告の問題もあります。一人のお客様に聞いた話ですが、ニカラグアの有名なガイドは、その場所をターポンの楽園として広告を出しているのですが、実際はほとんど釣れない状態だったそうです。そのお客様は、それが誇大広告であると知っての上で、他の魚を狙いに行かれたので問題はありませんでしたが、そのガイドのもとにターポン狙いで来たお客さんは広告と現状の違いに愕然とし、気を落としていたとのことです。このようなことは海外釣行でよくあることでそのお客さまも話し半分で、1、2匹釣れればいいな。という気持ちで現地に行くのが常だとおっしゃっていました。

私どもは現地に来られたお客様ががっかりすることのないよう、現在の状況をありのままにお伝えすることをモットーとしております。幸い現在までコンスタントに良い釣果が出ておりますが、そうでない場合にも情報をお伝えするようにしてまいります。

J現地の登録された正規旅行会社です。 

ヒマラヤン フィッシング ツアーズは、現地の法に従って登録された正規旅行会社のツアー名称です。独自のノウハウや人脈を駆使し皆様の旅を特別なもの、かつ安心できるものにいたします。

 

ネパール政府登録名称   :Sanden Travels and Tours Pvt. Ltd.

ネパール政府登録番号   :71379/066/067

ネパール政府登録旅行業者 :1576

住所(私書箱)           :P.O.Box 25028 Kathmandu,Nepal

住所(所在地)            Tahachal,Kathamandu,Nepal

メールアドレス        himalayanfishingtours@gmail.com

代表者名             Nathan Chitrakar                

英語のサイトはこちら

タックル ルアー用

リールはスピニングでもベイト(両軸)でもかまいません。流芯に届くように飛距離が大切です。私はアブ7000C( 開高 健のまね・・・)を使用しています。遠心ブレーキを2つに減らし,飛距離を伸ばしています。ロッドは、8から11フィート。アクションはミディアムヘビー、ヘビー。私はフェンウィックのHMXT90MH−2−Fを使用しています。9フィート、ミディアムヘビーです。さらにライトなタックルでもかまいませんがもし大きなサイズが掛かった場合難しくなります。(最近15kg、120cmもキャッチされています。また、1mになる雷魚やグーンシュGoonchも釣れております。)ラインは40lb150メートルから200メートル必要。私はPE4つ撚りの40lbに、ナイロン40lbのショックリーダー2mを付けています。魚の歯は鋭くないのですが、岩などで擦り切れないようにリーダーを使用しています。ルアーは、ミノ―、スプーン、スピナーなどが使えます。ヨーロッパの有名なアングラーである、ジョン・ベイリーのお勧めは、4から5インチ、ブラウン、グリーン、イエローのミノ―。スプーン、スピナーは2から5インチでゴールドやシルバー、銅色のもの。私のヒットルアーは、アブのトビー(コパー&グリーン)そしてスカジットデザインのWAVE シルバー&レッド45g、Giger88,Hardstreamsゴールド&グリーン 33g、メップスのスピナーなどです。スプーン18gほどから40gほどのものをご用意いただければ様々な水深や、流れに対応できます。

タックル フライ
ロッドは、シングルハンドル、9フィート、8から10番。リールは200メートル巻けるもの。 ライン:ダークカラーのフローティングライン ガーグラーニンフ、ニンフ,ドライ 自然なカラーが良い。フック:大きなフライには #2/0  小さめのフライには10から4。リーダー昼間は15,夜は20lb,長さは9から12フィート

 

時期について 

マハシールを狙うためにベストなシーズンは雨季が終わって水が澄んだ後、10月終わりから4月までです。年末年始のお休みの時期でも大型が上がっております。

ツアーについて

·         海外旅行保険には必ずご加入ください。冒険的なツアーですので、ヘリコプター救助が含まれているものにご加入ください。

·         ご予約の流れですが、まずメールにてお客様のご希望を伺い、こちらから旅程表、料金についてお知らせします。その後、お客様ご自身で日本からカトマンズまでの航空券を購入いただき、その日程に合わせこちらで準備をいたします。もしくは、こちらで航空券を発券することも可能です。

 

ツアーはオーダーメードになりますが、一つの例として10日間のツアーの予定をここに掲載させていただきます。

 

1日目  カトマンズ空港に到着。お名前が書かれたプレートを持ってお出迎え、ホテルへ。観光少し。

2日目  カトマンズから45分のフライト。空港近くのホテルに宿泊。

3日目  ホテルから川の上流まで移動し、そこからキャンプ道具一式を積んでゴムボートで川を下りながらポイントを狙っていきます。河原でキャンプとなります。(料理、テントの準備などはすべてガイドがします。)

4日目  川を下りながらの釣り。この日も河原でキャンプ。

5日目  川を下りながらの釣り。この日も河原でキャンプ。

6日目  川を下りながらの釣り。ゴールに到着し、ジープでコテージに移動。

7日目  別の川のポイントで狙います。キャンプ

8日目  同じポイントで最後の挑戦 その後ジープでコテージへ

9日目  ゾウに乗りサイやトラを見に行きます。大蛇もいます。午後の便に合わせて空港へ移動。カトマンズへ。ホテル泊。

10日目 カトマンズの観光。カトマンズ空港までお送りします。お別れ。

  

このほかにもガンジス河の支流を2週間かけて下りながら釣りをするエクスペディションツアーや、2泊3のみのサラリーマン専用一発大物狙いツアー、グーンシュ(Goonch)ツアーなど様々なオプションがございます。

 

料金 これらはあくまでも参考であり、快適さよりも安さを重視したい(体力と時間があり、危険を覚悟の方はバスで移動することでも費用を削減できます。お勧めできませんが・・・)、観光は要らないから釣りだけがしたいなど皆さんのご要望に応じお見積りさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

手つかずの大自然の中で忘れられない感動と思い出を。

 

旅に必要なもの

l  ジャングルを歩くために歩きやすい運動靴もしくはブーツ(足場が悪い所もあるのでハイカットをお勧めします。)滑りにくいサンダル、長袖、長ズボン(自然に溶け込む色が良い)

l  秋、春の昼間は皮がむけるほどの日差しになります。日焼け止め、水着、偏光グラス、帽子、でも朝は冷え込むこともあります。フリースジャケット、ウインドブレーカーも必要。年末年始から2月の場合は朝夕かなり冷え込みます。ダウンジャケットが必要です。また、冬用の釣りの防寒具上下が必要となります。それでも昼間はTシャツ一枚の暑さです。やはり日焼け止めが必要になります。私どものツアーは乾期に行っておりますので雨が降ることはほとんどありませんが、降らないとも言い切れませんレインウェアの準備をお願いいたします。

l  移動しながらのラン&ガンなどのためにも快適なウェダーがあると便利(冬でも薄いもので十分です。)秋や春は水着でも可能です。地下足袋もお勧め。

l  蚊よけや、ムヒなどの薬。その他(蚊取り線香はこちらで準備いたします。)川には蚊はいません。

l  ヘッドライト、予備の電池(ロウソクやマッチはこちらで準備いたします。)

l  双眼鏡があると動物を観察したりするのに便利。(野生動物が豊富です。野生のトラ、サイ、ゾウ、鹿など)

l  ロッドケースは飛行機で預けるときやこちらの移動のために必要です。タックルベリーなどで安く中古が手に入ります。プラノの筒型のケースは丈夫でお勧めです。しかし一番はコンパクトなパックロッドです。

l  荷物はスーツケースでも構いませんが、一番は、背負えるバックパックとロッドケースの組み合わせでしょう。一つデイバッグがあれば必要なものだけを入れて釣行できます。重いものなどは私達ガイドが持ちますのでご安心ください。川下りをしながらのツアーの場合、こちらで防水用ドライバッグをお貸ししますのでご使用ください。

l  フィッシングタックルはこちらでは手に入りません。根掛かり、故障なども考慮いただき多めにお持ちください。ロストは1日5から多くて10個です。

l  寝袋はこちらでも揃えておりますが、自分のものが良いと思われる方はお持ちください。(キャンプをする場合)

 

お問い合わせ,ご予約はこちらへ travel@king-octopus.com または  himalayanfishingtours@gmail.com

 

 


(C)2010 Hayato,All Rights Reserved.

 

 

inserted by FC2 system